せいりょくざい効果

せいりょくざい効果にます寝姿

Pocket

男性が寝る時の姿はいろいろ、もちろん健康に影響をもたらすこともあります。では、悪い寝姿は男性の性機能に悪影響になるでしょうか?それがあるのです。正確な寝姿をすればせいりょくざい効果にます結果が得られます。それでは、どんな寝姿は男にとって一番いいだろう。

 

 

うつ伏せに寝る

「こんな姿でよく寝られたナー」、「うつ伏せて寝っても失眠しそう」とは多くの男性の意見だが、実際、うつ伏せに寝ることは更に内臓を圧迫し、呼吸の不順を引き起すなどの悪影響が出ます。時間がたつにつれて、内臓機能を壊し、生殖器官を圧迫することもあり得ます。

左に向けて寝る

 

せいりょくざい効果

せいりょくざい効果

 

人間の心臓は左側にあるため、左に向け睡眠をとる場合、心臓が圧迫され、深く入眠する事はなく、睡眠の質を低下します。しかも、心臓が圧迫されると、生殖器官を含め、全身の血液の循環まで遅くなります、生殖器官が長期間に渡って、十分の血液供給が乱されない場合、勃起不全を引き起こす恐れがあります。

右に向けて寝る

うつ伏せがダメ、左向けもダメ、では右向けならどう?確かに、右向けの場合、心臓も、生殖器官の圧迫もないので、安心して眠れそうですが、男のみんなが右向けに向いてるわけでもないのです。専門家の研究によると、左向けも、右に向けて寝ることも、睾丸の病変を引き起こす可能性があります。

仰向けに寝る

 

せいりょくざい効果

せいりょくざい効果

 

上記のいずれもよい寝姿ではないなら、それでは一体どんな姿がせいりょくざい効果にます一番いい寝姿でしょうか?それが仰向けです。仰向けになって、両足を開いて寝ると、臓器も生殖器官の圧迫もないことはもちろん、陰嚢の病変も防ぐことは可能です。さらに陰嚢と陰茎に十分の空間を与え、両者の放熱ができ、生殖器官の血液循環も促進できます。よって、この寝姿は生殖器官の健康及び男性性機能には一番いいのです。

 

 

男にとっては、一番いい寝姿はせいりょくざい効果にます仰向けになって、両足を開いて寝ることです。うつ伏せと左か右のどちらに向けて寝ることは、男性の生殖機能に多少の悪影響がもたらすのです。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.


You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>