催淫薬

催淫薬についての紹介

Pocket

生活の中で、催淫薬と毒薬は二つともとても神秘な薬物です。その中で、催淫薬はもっと神秘です。毒薬はたまに白日の下に晒されますが、催淫薬は永遠に隠れて陰影の秘密の世界であります。魅力的で、困惑させて邪気を持ちます。催淫薬の使用者は女性を侵害する悪者、生活が萎れるプレイボーイと貴族だけではなく、多くの普通の人間でも、催淫薬が連れていた効果を探しています、生活に別の風情を与えてほしいものです。一人の催淫薬を作る巫女は彼女が作った催淫薬は人間にすばらしい快感を持ってできて、まるで世の中の楽園です、縹渺たる天国を求めることは必要ないと言いました。これは催淫薬の魅力でございます。

人間はよく催淫薬と精力剤を混同します。しかし、この二つは全然違います、精力剤の効能は性機能を改善することと機能障害を治療することです。催淫薬はまた心理的な反応を誘発して、霊魂と肉体を一致する効果があります。

1、バラ

欧米から、バラは恋の象徴ということを習いました。今の女の子はよく恋人にバラをもらいます。しかし、彼女たちはバラはどのように恋の象徴になるのか本当に分かりますか。今のバラは純潔と再生を象徴していますが、昔のバラはぷんぷん匂いのため欲情を催すものとして使いました、色欲を象徴しました。古代ローマの名門の饗宴に、奴隷の仕事の一つは精巧な銀筒にローズオイルを満載して、バラの香りができて、室内で香りを楽しめでいます。クレオパトラはローズオイルの運用達人です、彼女は自身の周りの部品にローズオイルをして、いつも自分がバラの香りに置かせます。

2、幻想薬

催淫薬は精力剤だけではなく、もっと重要な効能は精神的な刺激を提供します、心理的な興奮を達して、自分の欲望と幻想を強化します。だから、幻想剤をこの面で強くて危ない作用があります、ほぼどんな種類な幻想剤でも心理上にのダメージがあります。癖になれるかどうかによって、二種類に分けます、麻薬(癖になる)と毒品(癖になれない)であります。

3、毒品

ほとんどな毒品は植物からそうです。例えば、ケシ、大麻、コカ、まおうなどであります。毒品は人を幻覚な状態に入らせて、自由で狂気の境界に達します。なぜこのように呼ばれるのか、それはこれらの薬物は普通には癖になれないだが、大毒性があります、使用量が少しまずいなら、深刻な結果が持ってくるかもしれません。先人が言うとおり、酔いは中毒です。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>