催淫薬

催淫薬について

Pocket

噂の催淫薬は本当にあるかどうかは、長い間に疑問視されていました。20世紀の80年代の初頃、科学者は「催淫食」のラベルが貼られていたキャビア、オイスター、チョコレートなどは大した効果はないとの研究結果を発表しました。アメリカ食品と薬品管理局(FDA)も公式的に、いわゆる催淫薬は非現実的なもの、科学的に証明できないと公表しました。しかし、これらは人々が催淫物質の追及を足止めすることはできません。科学の進歩とともに、数多くの事実が浮上して、自然界において、性欲を高める物質は確かに存在することを証明されています。例えば、ヨヒンビンと銀杏のエキスは数多くの研究において、確実に性的な興奮を引き起こせることを証明されているうえ、世界中にみとられ、大規模に応用されています。

専門家の研究によると、催淫薬の効能方式は主に2種類です:ひとつは人に意念に、性欲を引き起こす、ひとつは直接人体の器官に機能することによって、性欲を高めます。例えば、ある催淫薬が性器官の血液を加速させることによって、性行為の快感と性欲を高めます。ある催淫薬は人体内の存在する性欲増強の化学物質を引き出すことができます。また、麻薬など精神的な興奮を引き起こせる物質も人間の性欲を引き出せます。

中国でよく知られているバイアグラは催淫薬ではありません。欧米では、本物の催淫薬は性能力と行為の質アップするものではなく、性欲を引き出せるものとの認識があります。

人間と動物は、ある特殊な体臭有する物質を持っています–エクトホルモンです。これは尿液と汗に含まれていまして、異性を引き寄せる効果を持っています。これを利用して、特殊な香りとエクトホルモンを混合する香水を生まれました、エイボンの「パーシーブ」です。この香水は性欲を高める効能が高いらしく、発売から六か月ですでに54国の香水販売ランキングのトップを獲得しています。これも現代人が快楽を求めていることを反映しているでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>