腎虚

いんぽてんつ治療

四つ部位鍛錬法 男性のいんぽてんつ治療またはダイエットをさせられる

男性のフィットネスは四つの身体部位の操練に専念出来て、腹部筋肉と髋部の感度を操練するのは、ダイエット出来るだけでなき、いんぽてんつ治療、性能力を増強出来る物。

 

 

一、腹部

腹部の筋肉は多分男性の愛作る時の一番重要な筋肉である。一番よく使われる仰臥起上りは腹部の筋肉を増強出来る。仰臥、両膝曲折、両腕が胸前に交差され或いは支えとして首の後ろに締め付け、徐々に頭と両肩を揚げて、両肩を床より4インチを離す。此の姿勢を堅持して3を数えて、それからリラックス且つ繰り返して此の動作をやる。回数は自分の気楽程で限界にする。自分の操練状況によって徐々に回数を増加する。長時間堅持すればいんぽてんつ治療でき、性能力を増強出来る。

 

いんぽてんつ治療

いんぽてんつ治療

 

二、髋部と鼠蹊

ある操練は大切なのが柔軟性で、力ではないのである。次の二つ操練は此の意図完成に助かる物。

一番の操練。床に座ると、両足が揃って、両足が曲げて、両膝が分隔して、両肘を両膝の間に置いて踝関節をかける。それから両踝を握り、且つ両足のヒラをタッチさせ、身体をやや前向きに曲折させ、一緒に両肘で両膝の所に支え、ゆっくりに両膝を床の所に押し付ける。鼠蹊の引張感を感ずる場合に、此の姿勢を数秒間で停止且つ堅持する。ちょっとリラックスして、此の動作を2から3回を繰り返してやる。此の動作をやる時に、動作の十分柔らかさを保証すること。

二番目の操練。胡坐をかいて座って、身体をやや前向きに傾き、両腕をできるだけ前に伸ばす。鼠蹊の引張感を感ずる場合に、もう一から二回を柔らかく体屈み。一瞬間をリラックスしてから、繰り返して上記動作2又は3回をやる。

 

いんぽてんつ治療

いんぽてんつ治療

 

三、両肩

此のセットの動作は両肩の力(重量挙げや懸垂では此の点を実現する)増加為の物だけではなく、柔軟性も増加出来る。ベッドでの反転煮えくり返りは両肩の上下左右の柔軟性が必要とする。最適な作用を取る為に、両アームを前に伸ばして、右手で左腕を握ってから、両アームは頭の上に伸ばし、且つやや後ろ向きに力を入れて、腋窩部が微小なラリーを感ずるほどまでやってくる。此の姿勢を堅持して5を数え、それから両アームをリラックスして、再度此の動作を一から二回繰り返すやる。

上記の各種操練毎に、徐々に10回を繰り返してやって、毎日だいだい5回をやる。暫く経つと、更なる感度を感ずることが出来て、更に簡単的にごオーガズムをコントロール出来る。ある人はこれら操練を通じて、いんぽてんつ治療でき、性能力を増強出来る。

 

 

異常は愛の表現為の身体筋肉操練のコツであるが、具体的には貴方次第よ。

 

せいりょくざい 漢方

腎虚理論によるせいりょくざい漢方原材料

 

漢方理論によると、ぼっきふぜん中折れなどのED問題は男には腎虚問題だと考えています。男にとって腎虚はぼっきふぜん、中折れなどだけでなく、深刻な問題になったら、致命病となり、生命の安全に係わるのです。その漢方の腎虚理論により作られたせいりょくざい漢方薬にはよく次の原材料は下記のようです。

 

 

せいりょくざい 漢方

せいりょくざい 漢方

 

 

鹿茸:これは一番よくせいりょくざい漢方原材料につかわれている

 

肾阳、精血を補うことができる、筋骨を強めるなどの作用がある、肾阳不足、精血損虚、インポテンツ、早漏、小便の頻繁、腰ひざが痛い、筋骨無力など症に適用する。

 

せいりょくざい市販されている中の参茸三腎粉、亀齢集、亀齢丸などは、鹿茸を主要成分としている。現代の研究によると、鹿茸にはホルモン、、コロイド、リン酸カルシウム、炭酸カルシウムなどが含まれているから、男性ホルモンを増進する作用があり、生殖機能を強め、体の代謝を促進し、疲労を解消、潰瘍や傷口の再生を加速、癒しを促進することができ、骨折の癒合を促進することもできる。

 

 

北の甘参

 

北の甘参もせいりょくざい漢方原材料によく利用されている。補腎相陽が出来る。インポテンツ、早漏に対して、一日1g、数ヶ月ほどで治る。

 

ヤマイモ

 

解熱、解毒。温病発熱、熱毒血赤痢、癰腫瘍、腫瘍、瘰癧、穴痔などを治療できる。

 

イカリソウ

 

腎臓陽気を補う、筋骨を強化、風湿を除去できるし、インポテンツ、夢精、骨萎縮軟、リウマチ痹痛、しびれ、かじかみ、更年期高血圧に適用するため、せいりょくざい漢方原材料とされている。

 

せいりょくざい漢方原材料:シナモン

 

元気補充、胃を暖め、寒みを除去、血脈を疎通。こめかみ、火衰え、陽気無くなり、虚脱、腹痛下痢、虚陽浮きなどに適用する。

 

オニバスの実

 

性質が温和で、味が甘くて、補腎、下痢止め止泄と脾臓保養の2重効果があるため、せいりょくざい漢方原材料として、中和作用が効く。『本草経百種録』では「脾腎の薬」と言われている。腎虚夢精、早漏、こしけ、思わず小便、小便頻繁などの人はよく食べるほうがいい。

 

冬虫夏草

 

性質が大和で、味が甘い、肺臓、腎臓の補養作用がある、一つ陰陽バランス取る貴重な漢方薬です。その効果は主に冬虫草素からです、虫草素が肝臓と腎臓を潤うことが出来る。例えば『本草従新」では「保肺益腎」といわれていて、古来せいりょくざい漢方原材料とされている。

 

腎虚の人には、冬虫夏草を肉類の豚肉の赤身、鶏肉などの豚や鴨、甚だしきに至っては新鮮な胎盤などで煮込み、食べるともっと有利です。

 

クコの実

 

性質が平和で、味が甘い、腎肝の補養、益精明目、筋骨を強める、腰痛を除去することができる、長期的に飲むと、寿命を延ばす機能がある。特に中高年の人は腎虚ならば、最も適用です。

『本草经疏』にも「クコの実、肝腎の真陰不足、疲労内熱補益のメインです、老人は貧血状態者は十の七八です、それは益精明目の上品です。」、よって、せいりょくざい漢方歴史上に、せいりょくざい漢方薬に重要な役割を果たしている。

 

北京紅參果漢方edサプリメント ペニス増大
2580

 

 

 

 

 

MACA いんぽてんつ改善
3920