ed薬

催淫薬

催淫薬についての紹介

生活の中で、催淫薬と毒薬は二つともとても神秘な薬物です。その中で、催淫薬はもっと神秘です。毒薬はたまに白日の下に晒されますが、催淫薬は永遠に隠れて陰影の秘密の世界であります。魅力的で、困惑させて邪気を持ちます。催淫薬の使用者は女性を侵害する悪者、生活が萎れるプレイボーイと貴族だけではなく、多くの普通の人間でも、催淫薬が連れていた効果を探しています、生活に別の風情を与えてほしいものです。一人の催淫薬を作る巫女は彼女が作った催淫薬は人間にすばらしい快感を持ってできて、まるで世の中の楽園です、縹渺たる天国を求めることは必要ないと言いました。これは催淫薬の魅力でございます。

人間はよく催淫薬と精力剤を混同します。しかし、この二つは全然違います、精力剤の効能は性機能を改善することと機能障害を治療することです。催淫薬はまた心理的な反応を誘発して、霊魂と肉体を一致する効果があります。

1、バラ

欧米から、バラは恋の象徴ということを習いました。今の女の子はよく恋人にバラをもらいます。しかし、彼女たちはバラはどのように恋の象徴になるのか本当に分かりますか。今のバラは純潔と再生を象徴していますが、昔のバラはぷんぷん匂いのため欲情を催すものとして使いました、色欲を象徴しました。古代ローマの名門の饗宴に、奴隷の仕事の一つは精巧な銀筒にローズオイルを満載して、バラの香りができて、室内で香りを楽しめでいます。クレオパトラはローズオイルの運用達人です、彼女は自身の周りの部品にローズオイルをして、いつも自分がバラの香りに置かせます。

2、幻想薬

催淫薬は精力剤だけではなく、もっと重要な効能は精神的な刺激を提供します、心理的な興奮を達して、自分の欲望と幻想を強化します。だから、幻想剤をこの面で強くて危ない作用があります、ほぼどんな種類な幻想剤でも心理上にのダメージがあります。癖になれるかどうかによって、二種類に分けます、麻薬(癖になる)と毒品(癖になれない)であります。

3、毒品

ほとんどな毒品は植物からそうです。例えば、ケシ、大麻、コカ、まおうなどであります。毒品は人を幻覚な状態に入らせて、自由で狂気の境界に達します。なぜこのように呼ばれるのか、それはこれらの薬物は普通には癖になれないだが、大毒性があります、使用量が少しまずいなら、深刻な結果が持ってくるかもしれません。先人が言うとおり、酔いは中毒です。

催淫薬

催淫薬について

噂の催淫薬は本当にあるかどうかは、長い間に疑問視されていました。20世紀の80年代の初頃、科学者は「催淫食」のラベルが貼られていたキャビア、オイスター、チョコレートなどは大した効果はないとの研究結果を発表しました。アメリカ食品と薬品管理局(FDA)も公式的に、いわゆる催淫薬は非現実的なもの、科学的に証明できないと公表しました。しかし、これらは人々が催淫物質の追及を足止めすることはできません。科学の進歩とともに、数多くの事実が浮上して、自然界において、性欲を高める物質は確かに存在することを証明されています。例えば、ヨヒンビンと銀杏のエキスは数多くの研究において、確実に性的な興奮を引き起こせることを証明されているうえ、世界中にみとられ、大規模に応用されています。

専門家の研究によると、催淫薬の効能方式は主に2種類です:ひとつは人に意念に、性欲を引き起こす、ひとつは直接人体の器官に機能することによって、性欲を高めます。例えば、ある催淫薬が性器官の血液を加速させることによって、性行為の快感と性欲を高めます。ある催淫薬は人体内の存在する性欲増強の化学物質を引き出すことができます。また、麻薬など精神的な興奮を引き起こせる物質も人間の性欲を引き出せます。

中国でよく知られているバイアグラは催淫薬ではありません。欧米では、本物の催淫薬は性能力と行為の質アップするものではなく、性欲を引き出せるものとの認識があります。

人間と動物は、ある特殊な体臭有する物質を持っています–エクトホルモンです。これは尿液と汗に含まれていまして、異性を引き寄せる効果を持っています。これを利用して、特殊な香りとエクトホルモンを混合する香水を生まれました、エイボンの「パーシーブ」です。この香水は性欲を高める効能が高いらしく、発売から六か月ですでに54国の香水販売ランキングのトップを獲得しています。これも現代人が快楽を求めていることを反映しているでしょう。

精力薬

精力薬は本当精力を盛んにできますか

ある研究会の発表による、大半数精力薬に偉哥の成分を添加しました。それは健康に大きな害をします。心臓病までひきおこしられます。

 

 

薬品検査所の近三年間の検査により、120を超える種類精力薬には60あまり種類に偉哥の成分が添加します。そのほか、不法経営者はダイエット保健薬に安靖を添加します。

 

ED精力薬に枸橼酸西地那非を添加し、糖分下げ薬に塩酸二甲双脈をふくみます。皮膚炎のなか三七粉を含みます。それは全部違反行為で、極大に消費者の利益を害を与えます。

 

 

精力薬

精力薬

 

枸橼酸西地那非の商品の名称は万艾可で、通称偉哥です。他达拉非の商品名称は希愛力です。それは全部国家が禁止された保険品の成分です。
それら添加された西洋の薬は処方薬を属し、はっきりしている適用対象と禁止があります。もし、消費者は説明書を読まないで服用すれば、濫用しやすいです。厳重な不良反応も起こすかもしれません。偉哥の成分が含むED薬が心臓病を起こさせ、糖分下げの西洋の薬を長期服用すればインシュリンの代謝が不調になって、腎が衰弱させます。

 

ED患者は正規な医療機構で医者にかかり、医者の指導の上に薬品を服用します。 杭州食品管理局の薬品検査専門家は艾力达、 万艾可 、希爱力などEDを治療する精力薬はみんな処方薬で、患者は処方箋で購入しなければなりません。

 

 

患者はこれらの精力薬を服用するときに医者の指導の下でふくようしてください。毎日は最大1回を服用し、長時間服用できません。心臓病、低血圧、高血圧、脳溢血人は服用しないでください。

 

最後は、専門家は市民に注意を与えます。漢方薬あるいは保健品を購入したいなら正規な薬店で購入してください。いったん不良反応があってすぐに薬品管理局に後発します。