女性用媚薬

催淫薬

催淫薬についての紹介

生活の中で、催淫薬と毒薬は二つともとても神秘な薬物です。その中で、催淫薬はもっと神秘です。毒薬はたまに白日の下に晒されますが、催淫薬は永遠に隠れて陰影の秘密の世界であります。魅力的で、困惑させて邪気を持ちます。催淫薬の使用者は女性を侵害する悪者、生活が萎れるプレイボーイと貴族だけではなく、多くの普通の人間でも、催淫薬が連れていた効果を探しています、生活に別の風情を与えてほしいものです。一人の催淫薬を作る巫女は彼女が作った催淫薬は人間にすばらしい快感を持ってできて、まるで世の中の楽園です、縹渺たる天国を求めることは必要ないと言いました。これは催淫薬の魅力でございます。

人間はよく催淫薬と精力剤を混同します。しかし、この二つは全然違います、精力剤の効能は性機能を改善することと機能障害を治療することです。催淫薬はまた心理的な反応を誘発して、霊魂と肉体を一致する効果があります。

1、バラ

欧米から、バラは恋の象徴ということを習いました。今の女の子はよく恋人にバラをもらいます。しかし、彼女たちはバラはどのように恋の象徴になるのか本当に分かりますか。今のバラは純潔と再生を象徴していますが、昔のバラはぷんぷん匂いのため欲情を催すものとして使いました、色欲を象徴しました。古代ローマの名門の饗宴に、奴隷の仕事の一つは精巧な銀筒にローズオイルを満載して、バラの香りができて、室内で香りを楽しめでいます。クレオパトラはローズオイルの運用達人です、彼女は自身の周りの部品にローズオイルをして、いつも自分がバラの香りに置かせます。

2、幻想薬

催淫薬は精力剤だけではなく、もっと重要な効能は精神的な刺激を提供します、心理的な興奮を達して、自分の欲望と幻想を強化します。だから、幻想剤をこの面で強くて危ない作用があります、ほぼどんな種類な幻想剤でも心理上にのダメージがあります。癖になれるかどうかによって、二種類に分けます、麻薬(癖になる)と毒品(癖になれない)であります。

3、毒品

ほとんどな毒品は植物からそうです。例えば、ケシ、大麻、コカ、まおうなどであります。毒品は人を幻覚な状態に入らせて、自由で狂気の境界に達します。なぜこのように呼ばれるのか、それはこれらの薬物は普通には癖になれないだが、大毒性があります、使用量が少しまずいなら、深刻な結果が持ってくるかもしれません。先人が言うとおり、酔いは中毒です。

催淫作用

催淫作用あるレシピ

前書き:人類歴史において、多くの食べ物や飲み物は性行為をもっと楽しい効用があります、即ち、催淫作用あるです。しかし、ある女性は年齢の増長につれ、家事、哺乳、子供の世話などの原因で、性に対する関心が薄くなり、まだほかの方は性ホルモン分泌の減少により、性欲がなくなり、或いは体弱のため、気力が乏しく、性に関連する器官が衰弱し、性的な冷淡になります。何を食べれば性的に興奮しますか?あるいは催淫作用あるレシピがありますか?答えは蜂蜜、チョコレートとオートミールの健康食材トリオです。あなたのカラダに愛のエネルギーを充満させる同時にあなたの彼もメラメラと燃えさせます。

人間として、食べものを食べないと生きない、食べ物から命を生まれたと言っても過言ではありません。精一杯「性活」を楽しめたかったら、体力の増強も要求します。普段栄養を取ることももちろん、ご予定の営みの夜が来る前に、ちょっと催淫作用あるものを食べると、きっともっといいムードになるのは間違いありません。

緑色野菜を好まない女性の方は文句があるかもしれません。心配しないで、あなたには「蜂蜜」をこれから多用することをお勧めします。蜂蜜は女性ホルモンを生成するには不可欠なホウ素を吸収することを役立つことはできるうえ、体内の内分泌調整にもいいのです。蜂蜜は催淫作用があるだけではなく、よく食べると、更に美容の効果も持っています!

愛のシンボル「チョコレート」、チョコには神経情報伝導を刺激する成分「メチルキサンチン」が含まれています、この成分は人体の感官機能を増強することができます、いかに微小な感情の変化も、拡大することはできます!ナイーブなあなたにとって、チョコレートこそ自分の愛のキモチを拡散する催淫作用があるになる食かもしれません。

オートミールには豊富な繊維質とビタミンB族が含まれており、体内の消化と吸収機能を正常に作動することに手助けができます。更にビタミンB族はストレートの解消に役立ち、いつも緊迫した職場にたつ現代女性にとっては、確かに栄養がありながら、太らない健康食です。普段からよくオートミールを食しますと、当然いいプロポーション出営みを臨め、最高の楽しみを楽しめます。

今から、夫が不倫しているかを心配することではなく、自分自身の女力を磨けば、自然に彼もあなたから離れることもなくなる。高級な栄養剤はいらず、噂の催淫作用療法も必要なし。ただ蜂蜜、チョコレートとオートミールの健康食材トリオがあれば、あなたのカラダに愛のエネルギーを満ちる同時に彼もメラメラと燃えさせます。

催淫薬

催淫薬について

噂の催淫薬は本当にあるかどうかは、長い間に疑問視されていました。20世紀の80年代の初頃、科学者は「催淫食」のラベルが貼られていたキャビア、オイスター、チョコレートなどは大した効果はないとの研究結果を発表しました。アメリカ食品と薬品管理局(FDA)も公式的に、いわゆる催淫薬は非現実的なもの、科学的に証明できないと公表しました。しかし、これらは人々が催淫物質の追及を足止めすることはできません。科学の進歩とともに、数多くの事実が浮上して、自然界において、性欲を高める物質は確かに存在することを証明されています。例えば、ヨヒンビンと銀杏のエキスは数多くの研究において、確実に性的な興奮を引き起こせることを証明されているうえ、世界中にみとられ、大規模に応用されています。

専門家の研究によると、催淫薬の効能方式は主に2種類です:ひとつは人に意念に、性欲を引き起こす、ひとつは直接人体の器官に機能することによって、性欲を高めます。例えば、ある催淫薬が性器官の血液を加速させることによって、性行為の快感と性欲を高めます。ある催淫薬は人体内の存在する性欲増強の化学物質を引き出すことができます。また、麻薬など精神的な興奮を引き起こせる物質も人間の性欲を引き出せます。

中国でよく知られているバイアグラは催淫薬ではありません。欧米では、本物の催淫薬は性能力と行為の質アップするものではなく、性欲を引き出せるものとの認識があります。

人間と動物は、ある特殊な体臭有する物質を持っています–エクトホルモンです。これは尿液と汗に含まれていまして、異性を引き寄せる効果を持っています。これを利用して、特殊な香りとエクトホルモンを混合する香水を生まれました、エイボンの「パーシーブ」です。この香水は性欲を高める効能が高いらしく、発売から六か月ですでに54国の香水販売ランキングのトップを獲得しています。これも現代人が快楽を求めていることを反映しているでしょう。

催淫剤効果

リンゴは催淫剤効果がある

イギリスの《デーリー新聞」がイタリア科学者の最新研究によると、いつも低カロリーと見なす健康食品のリンゴが催淫剤効果があると報道があった、それはリンゴに含まれている化学元素が女性の性生活の品質を高め、催淫剤効果が出る役割があるからです。

 

催淫剤効果

催淫剤効果

 

リンゴの催淫剤効果を検証するため、研究者は731名の年齢は18~43歳の間のイタリア女性を研究対象として、そららの人が毎日の飲食習慣及びリンゴを食べる頻度を記録すると要求した。それらの試験対象を2組、毎日リンゴを1個以上の組、と毎日リンゴを1個以下の組に分けて、その後、この2組の人に女性性機能指数(FSFI表を含む)を記入すると要求された、その中に1性生活の質に関する質問19個を含め、性生活の頻度と満足度などを含む。リンゴを多く食べる女性がそのFSFI指数が高いと明らかになった。催淫剤効果のFSFI指数値に近いという。

 

催淫剤効果検証に基づく分析によると、リンゴに一つアップルという化合物が含まれて、それが “雌グリコール」の催淫機能は非常に似ている、“雌グリコール」は性的興奮中に非常に重要な役割を果たす雌性ホルモンですから、これはなぜ定期的にリンゴを食べると、女性の性機能を高め、催淫剤効果がでることが出来る原因です。

 

だとすれば、特に催淫剤を飲まずに、日常に催淫剤効果があるものを良く食べて、夜の営みの時、セクシーな雰囲気、例えば、セクシーランジェリーなどの小道具で、性生活の質を向上させれればいいではありませんか。

媚薬とは

媚薬とは

媚薬(びやく)とは、狭義には催淫剤と呼ばれ勃起不全の治療に使われる薬を言い、 広義には性欲を高める薬、恋愛感情を起こさせるような薬を言う。惚れ薬とも称される。 肉体的な性機能の改善を目的とした精力剤、強壮剤も含まれる。

媚薬とは主に性的興奮を高める作用を持つ薬の総称であるが、その歴史は古く精力の付く薬や食品の総称ともとらえることができる。多くの場合こうした薬の作用は個人差が大きく、薬効の認識によっても差異がある(プラセボ効果参照)。基本的には精神を自在に操作することのできるほどの薬効成分は実用化されておらず、惚れ薬は架空の薬品と認識されている。

歴史的には大変古いが食用となる野菜や果物、獣肉等の産地、知識が偏っていた前近代においては、刺激性物質の入っている食材が媚薬とされることがすくなからずあり、タマネギなど現代では一般的な食材も過去には媚薬扱いされていた。これは嗜好品の一般化した近年とは異なり、当時の人々が刺激性物質や化学物質に全く晒されていなかったために薬効が顕在化しやすかったのではないかという説がある。また前述のプラセボ効果により、珍しい果実や食材に媚薬効果があるというふれこみで輸入・販売されることがあった。(引用:WIKI)